メンタリストDaiGoの「男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ」が恋活・婚活デートに役立つ

当ラボでもおすすめしている「with」の監修をしているメンタリストDaiGo。

今回は彼の書籍が恋活・婚活デートに役立つ内容だったので取り上げてみたいと思う。

メンタリストDaiGoとは

テレビでの露出も多いことからほとんどの方が知っているだろう。

そんな彼は多くの本を執筆している。

最初は彼の書いた本を読むのには抵抗があった。

なぜなら、DaiGoってそもそも何だか怪しい・・・。

こう思っているのは私だけではないはずだ。

しかし、ある時、彼のニコニコ生放送を視聴して彼の見方が変わった。

そこでは、テレビでは見せないプライベートな姿で、全然飾らずに放送しているDaiGoの姿があり(猫が大好きなようで、放送中に猫がう◯こした時にくせーくせーとか言っている始末である)、彼に対して抱いていた気取ったイメージが一切なくなった。

そして、特筆すべきはその放送の背景に写っている本棚だ。

月に100万以上かけていると言われている圧倒的な読書量に裏付けされた知識には確かに納得させられるものがある。

今回、そのDaiGoが書いた「男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ」が恋活・婚活デートにすぐに実践できそうな内容だったので取り上げてみたいと思う。

ちなみに、私はこれをオーディオブックで聞いている。

オーディオブックにはDaiGo本人による音声特典があり、以下の内容はそこから引用したものもあるので予めご了承頂きたい。

余談だが興味のある方はオーディオブックもオススメだ。

女性のコミュニケーションを理解する

こんな経験はないだろうか。

無難に初デートをこなして、最後にLINEの連絡先を聞く。

別れ際、女性が「また連絡するね!」と言って去っていく。

数日後・・・・その女性からの返信はまだ来ない。

あなたは

「あの時、また連絡するね!って言ったんじゃんか!!」

と思うかもしれないが、

ここには男女の嘘の付き方に違いがあることを理解する必要がある。

男性と女性の嘘のつき方の違い

女性はコミュニケーションを取る時に、なるべく人間関係を切らないようにして、相手と折り合いを付けようとする生き物である。

だから、女性は嘘をつくとき、相手を傷つけないように嘘をつく。

一方、男性は、自分を守るために嘘をつく。

ここに男女の嘘に対する大きなギャップがある。

これを聞いてあなたは、

「そんな嘘つくなよ!」

と思うかもしれないが、女性とはそういうものなのだ。

むしろあなたを傷つけたくないという一心で嘘をついてしまったという事を受け入れてあげよう。

(結果、あなたは返信がなくて傷ついているのだが・・・。)

まとめ

さて、男女の間で嘘の付き方にギャップがあるというのが分かったところで、もし女性からの返信や連絡がなかった時に、あなたはこんなメッセージを送ったことがないか思い出してみよう。

「心配してるよ。大丈夫?」

あなたは、その女の子に「何かあったのではないか?」と心配して送ったメッセージだと思っているかもしれないが、そうではないことはあなた自身が一番よく分かっているはずだ。

本当はただその子からの返信がほしいだけだ。

上記を読んで頂いたなら分かると思うが、こんなメッセージはもはや無意味である。

むしろ逆効果かもしれない。

返信が返って来ないということは、デート中(もしくはその前から)のあなたの言動に対して、女性がもうあなたと会いたくないと思われてしまったという事実を素直に受け入れよう。

待てど来ない返信に対して、女性に上記ようなメールを送るのは、あなたの自己満足なだけである。

さっさと次へ向けて前進した方がずっと良い。

あなたに合った婚活アプリは?

関連記事

恋活・婚活アプリで女性を初デートに誘う時の魔法の言葉

出会系アプリで会った女性に告白をしてはならない理由

【男性向け】初めての婚活デートで絶対失敗しない服装

初めての恋活・婚活デート前に見直しておきたいスマフォの設定

出会い系アプリは使う前に男女比率をチェックしよう

恋活・婚活アプリで「いいね」を増やすとっておきのテクニック