仕事が忙しくて出会いのない男性の婚活アプリwith活用術

恋愛したくても恋愛できない。
婚活したくても婚活でない。

仕事が忙しくて中々出会いの場に赴く時間がない男性にとって
出会いがないというのは切実な悩みである。

仕事が乗りに乗っている30代営業職の男性

30代の営業職というと仕事もそれなりに充実していて、営業成績を上げるために昼夜一生懸命働いている男性も多いだろう。

そのうち結婚はしたいと思っているが、仕事が落ち着くまでは今すぐにするつもりはないという男性が実のところ多いのではないだろうか。

彼らの悩みは大体共通している。

職場にいる人間がほとんど男性である

まず、業種にもよると思うが、営業職をしている場合、職場がほとんど男性というのは珍しくない。

例えば、不動産関係の仕事の場合、男女比が5:1くらいというところもあるようだ。

(恋活アプリ、婚活アプリでこの男女比だったら当然サービスとして成り立たないだろう。)

営業先、お客さんにも候補がいない

営業をしていると、社外との接点があるからマシなのでは?と思う方もいるかもしれない。

しかし、現実はそう甘くないのである。

例えば、上記であげた不動産関係の仕事の場合、お客さんが、高齢者、家族、新婚、投資用物件を求めるサラリーマンがほとんどというようなケースも往々にしてあるのだ。

また、法人営業なら取引先の女性社員と接点を持つことができる可能性もあるかもしれないが、個人営業だと中々そうはいかない。

業種と職種によっては出会いの機会が本当にないのである。

結婚相談所に登録するほどでもない

そして、冒頭で述べたように30代前後というのは結婚は意識し始めるが、すぐにでもということではない。

高い費用を払って結婚相談所に行くような理由もないのだ。

そうなると必然的に、恋活アプリ・婚活アプリが唯一の選択肢となってくるのである。

withがオススメできる理由

Facebookを利用している方なら見たことがあるかもれないが、withはDaiGo監修という点を押していて、彼の専門であるメンタリズムを使った広告キャンペーンをFacebook上で打っていることが多い。

このキャンペーンを機に始めるユーザーも多いようだ。

このキャンペーンというのは簡単な心理テストになっていて、遊び感覚でやってみると面白い。

では、具体的にwithのメリットを見てみよう。

サクラが少ない

当ラボでも再三述べていることだが、出会い系サイトはサクラの存在がつきものだ。

そこに一石を投じたのがFacebook認証系の恋活アプリ・婚活アプリで、Facebook認証という一手間を加えることでサクラの存在を一掃している。

withもこの形式を取っており、サクラはほとんど(もしくはゼロ)存在しないとみて問題ないだろう。

他の人にばれない、身バレの心配がない

Facebook認証系のもう1つのメリットとして友人や知り合いにバレないという点がある。

悪いことをしているわけではないが、日本ではまだまだこういったサービスを使っていると恥ずかしいと思う人も沢山いる。

もちろんwithもその点はケアしており、Facebookで友人や知り合いのタイムラインに表示されることはない。

上場企業が運営している

悪質な出会い系サイトが増える中で、どうやって良質なものを見極めるかというのは中々難しいものである。

そういった時、どこの企業が運営しているのかをチェックするのは1つの指標になるだろう。

withはイグニスという企業が運営している。

イグニスは元々アプリの開発をメインとしており、恋活アプリ、婚活アプリ以外にもゲームやツールなど様々なジャンルのアプリ開発で実績のある企業である。

そして、東証マザーズに上場している。

一度、上場企業になるとその企業はそれ相当のガバナンスを求められるため、迂闊に悪いことはできない。

そのため、上場企業が運営しているというのはかなりの信頼価値があるとみることもできるのである。

withを実際に使ってみた印象

さて、実際のwithはどうだろうか。

メンタリズムという女性が好きそうな心理学をテーマに掲げているだけあって、女性が多いイメージはある。

実際に、中を見てみるとイメージ通り、女性がかなり多く登録しているのが分かると思う。

年齢層は24歳〜30歳が多いいったところだろう。

仕組みはPairsなどと一緒で、写真とプロフィールを見て、気に入ったら「いいね」をする。

そして、女性もあなたに「いいね」をするとお互いにメッセージができるようになる仕組みだ。

この時点で向こうもこちらに好印象を持っていることが分かるので、メッセージを始めやすいのもいいところだろう。

料金について

withは無料で使うこともできるが、メッセージ交換などは有料会員にならないとできない。

そのため、無料である程度感触を掴んだら、有料会員へ移行することをオススメする。

実際の女性は写真よりも可愛いかも

最近、snowという写真加工アプリが一種のマストアプリになっていて女子の写真がsnowで加工されていて当たり前な風潮にあるが、withに登録している女子は実際に会ってみて写真と見た目のギャップがあまりないように思える。

むしろ、写真よりも可愛い子が多いので期待していいだろう。

withで可愛い女性に会うための攻略方法

それでは、具体的にwithでどうすれば女子と出会えるのだろうか。

プロフィールを充実させることがまず重要

withのようなFacebook認証系の恋活アプリ、婚活アプリにおいて、特に男性がやらなくてはいけないのはプロフィールの充実である。

自分の人柄や価値観が伝わるようにしっかり書き込もう。

そして、肝心の写真だが、明るく爽やかな印象が伝わる写真が適当だろう。

ここで男性が気をつけた方がいいのは、自撮りはナルシストとして引かれる可能性が高いため、他の人に撮ってもらった写真が望ましい。

また、趣味がサーフィンであえば、そのサーフィンをしている姿や海でサーフボードを持って撮影した写真が尚良いだろう。

そうすれば、明るくアクティブな印象を趣味と一緒に伝えることができる。

こうすることで、同じような趣味をもった女性とも繋がりやすい。

頻繁にログインしよう

withはログインをしたタイミングが相手に表示される。

いつもログインしている暇人のように見られるのも良くないが、最低、3日に1回くらいはログインしておくといいだろう。

そうすることで、相手にはアクティブなユーザーだと認識される。

以上を意識しておくだけでも、1、2ヶ月に1人は仕事をしながら無理なく女性との時間を持つことができるはずだ。

まとめ

出会い系アプリに抵抗のある人は多いだろう。

その一番の理由として、騙されるのではないかという懸念が大きいことにあると思う。

これまで悪質な出会い系サービスがはびこってきた功罪である。
そういったサービスは早く淘汰されてなくなることを強く望んでいる。

withでそういった心配をすることはないだろう。
(絶対にゼロと言い切ることはできないが、少なくともベターな選択肢であるはずだ。)

ただし、恋活アプリ、婚活アプリでは、積極的に行動していかないとライバルにどんどん置いていかれてしまう。

女性もそういった積極的な男性を求めている。

仮に、それで失敗をしても次の女性を探せばいいだけだ。

そういったスタンスでいると不思議なことに他の女性ともうまくいくことがある。

恐れることはない。果敢にトライしていこう。

あなたに合った婚活アプリは?

関連記事

Tinderで女子にメッセージへ送る時に役立つ8つのポイント

ユーブライド体験談

ユーブライド男性会員に体験談をインタビュー

中国出張者・旅行者向けおすすめ出会い系アプリ2選(wechat編)

会社役員の婚活アプリomiaiで彼女を作るまで

恋活・婚活アプリPairs(ペアーズ)でマッチングする正しい使い方

withの退会方法と休会、退会後の登録情報はどうなるの?を分かりやすく解説