恋活・婚活アプリPairs(ペアーズ)でマッチングする正しい使い方

前回、初めてwith(ウィズ)を使う男性向けに、「どうすれば最初からうまく女性とマッチングするのか?正しい使い方」をまとめてみた。

これまで恋活・婚活アプリ、出会い系アプリ全般について成功する方法についていくつか記事を書いてきたが、今回は実際にそれらのノウハウをそれぞれのアプ...

今回は、婚活アプリの定番Pairs(ペアーズ)である。

マッチングするまでにやるべき事はPairsも基本的に変わらない。

  1. プロフィールを充実させる
  2. 自分のプロフィールの露出を増やす(コミュニティに登録し、足あとをつける)
  3. マッチングしたらメッセージを開始

それでは順を追って説明していこう。

プロフィールを充実させること

Pairsで成功した体験談を聞くと何よりプロフィールを充実させることが重要であることが分かる。

Pairsの場合、プロフィールは主に4つで構成されている。

  1. 写真(メイン写真・サブ写真)
  2. 自己紹介文
  3. 基本プロフィール・詳細プロフィール
  4. つぶやき
  5. 参加コミュニティ

それぞれの項目があなたのプロフィール上で、どういった位置づけにあるのか。
そして、どのような内容にすれば良いのだろうか。

今回も、プロフィールページのUI(ユーザーインターフェース、画面デザイン)に注目して説明しよう。

まず、それぞれの項目はプロフィール画面で以下のように配置されている。

これを見ると運営側のプロフィールの位置づけがサービス毎に違うということが分かる。

withの場合は写真・名前のすぐ下に自己紹介文が配置されているのだが、
Pairsは写真・名前の下には自己紹介文ではなく、参加コミュニティが配置されている。

そのため、自己紹介を文見るためには、下にスクロールしないと見れない仕様になっているのだ。
(これをファーストビューに入らないと言う)

このことからwithのプロフィールでは写真の次に自己紹介文が重要視されているのに対して、Pairsでは参加コミュニティを重視していることが分かる。

これはあくまで個人的な見解だが、参加コミュニティがプロフィールを見た相手に与える印象というのはそこまで強くないはず(なぜなら個性を表現できる場所ではない)で、
そうなるとPairsでは、必然的にファーストビューで大きな割合を占める写真が重要なウェイトを占めることになる。

そこで今回は、withとは違い、写真の項目から順番に見ていこうと思う。

プロフィール写真

上記で述べたようにPairsにおいてプロフィール写真の重要度は高い。

プロフィール写真にはメイン写真とサブ写真の2種類がある。
それぞれ見ていこう。

メイン写真

恋活・婚活アプリにおいて写真はあなたのプロフィールの印象を大きく影響する。

Pairsにおいてメイン写真は下図の通り、プロフィール画面の13%を占める。

これはwithの8%と較べると1.5倍近い割合だ。
その重要さがお分かり頂けるだろう。

ここに載せる写真は自分が持っている写真の中で一番自信のあるものが良い。

しかし、いかにもナルシストと思われるような写真は好まれない。
理想は友人に撮ってもらった自然な笑顔の写真がベストである。

どのような写真が良いかは体験談の内容や、人に好まれる笑顔について書いた以下の記事が役に立つだろう。

恋活アプリ・婚活アプリに載せる自分のプロフィール写真はどのようなものが良いだろうか。 プロフィール写真は相手とのマッチング率を大きく左右す...

サブ写真

メイン写真の下に表示されるのがサブ写真だ。

サブ写真の枚数は一時期メイン写真を含めて10枚だったが、現在はそれを超えて掲載できるようだ。

運営に問い合わせたところ、上限は決まっていないらしい。

しかし、サブ写真は上記のメイン写真のサムネイル画像と合わせて6枚だけがファーストビューに入ってくるので、サブ写真は5枚ほどアップすれば十分だろう。

超えた分は左へスライドすると見ることができるのだが、スワイプする場所を間違えると、他の人へプロフィールが切り替わってしまうので操作が少々煩雑だ。

このサブ写真はメイン写真の1/6のサイズだが、メイン写真では伝えきれないあなたの人柄や趣味を伝えることができる項目だ。

ここで載せるべき写真は以下の記事が役に立つだろう。

婚活アプリ、恋活アプリにおいてプロフィール写真は最も重要だと言っても過言ではない。 以前の記事において、プロフィール写真をセールスに例える...

自己紹介文

写真の次に重要な項目が自己紹介文だ。

自己紹介文はプロフィール画面のこの部分になる。

もし約500文字ほどの自己紹介文を書いた場合、あなたのプロフィール画面において約13%を占めることになる。

Pairsの場合、文字数は最大1000文字という上限があるのだが、仮に1000文字書いた場合、通常のスピードで読むと約2分ほどかかる。

この2分という時間をプロフィールを見に来た女性に強いるのはいかがろうか。

そもそも1000文字になると、プロフィール画面のほとんどを占めることになるので、
パッと見た時に相手の読む気を削いでしまう可能性がある。

400文字から500文字くらいが適当だろう。

具体的にどのような内容を書いたら良いのかは以下の記事が参考になる。

恋活アプリ、婚活アプリで女性とマッチングするかどうかは あなたのプロフィール内容が大きく左右する。 むしろ、プロフィールが全てと言っても...

基本プロフィール・詳細プロフィール

さて、自己紹介文と写真ができたら、次は基本プロフィールと詳細プロフィールである。

画面を見ると分かる通り、この項目がプロフィール画面の実に44%と半分近く占める。

もちろん全てを埋めることが絶対条件だ。

ここは女性が検索した時にその条件にあなたが引っかかるようにすること。
そして、プロフィール写真であなたに惹かれた女性が、好みの条件に合うか(喫煙者かそうでないか、既婚者かどうかなど)を確認するための項目である。

あなたらしさをアピールできる場所ではないので、難しく考えずに、全ての項目をしっかり埋めれば良いだろう。

つぶやき

さて、プロフィール画面のあなたの名前と一緒に表示される「つぶやき」はどうすればよいだろうか。

この箇所はプロフィール画面だと名前の表示を含めて3%を占めるに過ぎないが、このつぶやきは意外と重要である。

なぜなら「さがす」画面に表示されるあなたのプロフィール上ではかなり目立つからだ。

ここも自己紹介文や写真と一緒で、あなたの個性をアピールできる数少ない項目なので、「はじめまして」とか「こんにちは」のような当たり障りのない内容を書いてはいけない。

あなたの人柄を表す前向きで簡潔なものを書こう。

「仕事も遊びも全力投球です!」とか、「村上春樹の新作良かった」とか、
あなたが前向きに仕事や趣味に励んでいる人であることや、読書のような同じ趣味や嗜好を持つ女性がそれを見て会話のきっかけになりそうなものが良い。

そして、適度な頻度で更新すること をおすすめする。

婚活アプリの仕組み上、あなたのプロフィールは1人の同じ女性に何度か目に触れる可能性が高い。

女性が初めてあなたのプロフィールを見た時、その女性は少し気にはなったけれども「いいね」を押すほどではなくその時はスルーされてしまったとしよう。

次に再びあなたのプロフィールが目についた時、この内容が更新されていれば、前にいいねを押さなかったけど、実は良いかも!なんて思わせることによって、あなたのプロフィールをもっと見てもらえたり、「いいね」をもらうことができる可能性もある。

あなただって何度か見る女性のつぶやきが更新されていれば、その女性のプロフィールに新鮮味を感じることができるのではないだろうか。

コミュニティに登録する

プロフィール情報の入力が済んだら、次にすべきことはコミュニティの登録である。

冒頭で述べたようにPairsではこのコミュニティがプロフィールページのファーストビューに入るので、登録は必ずしておこう。

コミュニティに登録する目的は主に2つある。

  1. プロフィールを見た女性へ共通点を見つけてもらう
  2. コミュニティ内からあなたのプロフィールに訪れてもらう

プロフィールを見た女性へ共通点を見つけてもらう

女性があなたのプロフィールを見た時に、あなたの人柄や趣味を一目見て知ることができる。

そこで自分と同じ趣味や嗜好を女性が見つけることができれば、親近感も湧くし、会話のきっかけにもなるだろう。

コミュニティからあなたのプロフィールを見つけてもらう

各コミュニティのページを見ると、そのコミュニティに登録しているメンバーが表示される。

「さがす」画面では見つけられなかったあなたのプロフィールが、このコミュニティページ内で女性に表示される可能性がある。

婚活アプリに登録し始めた時は、とにかくあなたのプロフィールの露出をいかに増やして多くの女性に見ててもらえるかが重要だ。

以下の記事が参考になる。

「お互いにいいねをしたらマッチング。」 それからメッセージを開始できるタイプの婚活アプリ、恋活アプリにおいて そもそもその「いいね」自体...

狙うべき参加コミュニティ

それでは、どのコミュニティに登録すれば良いのだろうか。

基本的に登録できるコミュニティの数に上限はないので、あまり難しく考えずに参加して良い。
しかし少しでもあなたの露出を増やし、さらにマッチング率を上げるために参加すべきコミュニティは以下のポイントを押さえて選ぼう。

  1. 当たり障りのない内容のコミュニティは避ける
  2. 人数の多いコミュニティは避ける

当たり障りのない内容のコミュニティは避ける

当たり障りのない内容のコミュニティとは例えば以下のようなものである。

  • 楽しいことが好き
  • 夜景が好き
  • のんびり過ごすのが好き

楽しいことが嫌いな人も、夜景が嫌いな人も、のんびり過ごすのが嫌いな人はほとんどいないはずだ。(一部の例外を除いて)

つまりこのようなコミュニティに入っても、それを見た女性には「ふ〜ん」以上の何の印象も残らない。

選ぶべきは、あなたの趣味や個性を表現したコミュニティである。
例えば、以下のようなものだ。

  • 現代アートが好き
  • 村上春樹が好き
  • 中国語を勉強したい

このようなあなたの趣向や人柄を表すようなコミュニティを選ぼう。

人数の多いコミュニティは避ける

登録人数の多いコミュニティはそれだけ男性ライバルが多いということだ。
その中であなたのプロフィールを女性に見つけてもらうのは相当に難しくなってしまうはずだ。

コミュニティページからあなたのプロフィールを見つけてもらうという観点では人数の多いコミュニティ登録は避けた方がいいだろう。

しかし、女性に自分と同じ共通点を見つけてもらうという点においては、
あなたの趣向を表現できるコミュニティなのであれば、人数が多かったとしてもあえて避ける必要はない。

足あとをつける

さて、これまではあなたのプロフィールを充実させることによって、女性から訪問さえた場合の準備段階であった。

ここからはあなたから攻める番である。

どんなに素晴らしいプロフィールを書いたからと言って、女性に見てもらえなければしょうがない。

あなたのプロフィールを見てもらうために、あなたの存在をアピールしていこう。

具体的にやることは至ってシンプルで、withの場合と変わらない。

ひたすら、女性のプロフィールをタップしていく。

ここで「いいね」をする必要はない。

その理由については以下で記載した通りだ。

さて、実際のやり方は各自やりやすい方法で問題ないが、ここに一例を上げておこう。

  1. 検索画面で適当な条件を設定し女性の数を100人程に絞る
  2. さがす画面で表示された一人目の女性のプロフィールをタップ
  3. 女性のプロフィール画面が表示されるので左にスワイプ
  4. 次々と女性のプロフィールが表示される

以上で足あとをつけていくことができる。

いいねをもらった相手とマッチングする

足あとをひたすら付けていくと、その中の何人かの女性が「いいね」をしてくれるはずだ。

その中でいいなと思う女性がいたら「ありがとう」をタップして、見事マッチングである。

以上までは有料プランへ登録しなくても無料でできるので、無理して有料プランへ加入しなくても良い。

女性とメッセージをする

さて、マッチングした後、この段階になって初めて有料プランへの加入が必要になる。

ここまでやってみて、マッチングした女性とメッセージを本当に続けたいと思ったのであれば、有料会員へ登録しよう。

しかし、有料会員へ登録する時には注意が必要だ。

支払い方法によって料金にかなり差があるので、以下の記事を参考にして欲しい。

女性とのメッセージの方法は以下の記事が参考になると思う。

以上がPairsを始めてマッチングするまでの流れである。

足あとを付けているが中々「いいね」がもらえなかったりする場合には、
写真やプロフィール内容をもう一度見直してみよう。

婚活をPairs(ペアーズ)で続けようと
思っているなら
有料会員にならないと出会えない。
料金を安くする登録はこちらから

あなたに合った婚活アプリは?

関連記事

自営業男性の婚活アプリwithを使ったサバイバル術

社会に出てから出会いがない男子のための恋活・婚活アプリMatchbook活用術

アラフォー40代男子の婚活アプリomiai活用術

知って得するユーブライドオススメ料金プラン

【2018年版】知って得する!ユーブライドのおすすめ料金プラン

恋活・婚活アプリMatchbook利用規約を解説

婚活アプリ企画担当者が教えるユーブライドアプリの賢い使い方