アラフォー40代男子の婚活アプリomiai活用術

男女が出会いを求める限り、いつだってどこかしらに出会いの場というのはあるものだ。

そして、恋活アプリ・婚活アプリを利用するのに年齢制限はない。

自分に合った恋活・婚活アプリさえちゃんと見つけられれば、
良い出会いが必ず見つかるはずである。

さて、アラフォー40代の男性と言うと、仕事も充実しており生活レベル自体には特に不安のない人が多いかもしれない。

しかし、それまで仕事に専念する余り、恋愛が中々できないままアラフォーを迎えた男性の悩みは切実なのではないだろうか。

果たしてそうした男性にとって恋活アプリ、婚活アプリは役に立つだろうか。

今回はそんな男性がどのように婚活アプリのomiaiを活用すればよいか考えてみよう。

出会いが極端に少ない仕事に就いている場合

出会いの多い職場に勤めていればわざわざ自分から出会いを探しに行かないでも良いかもしれないが、そういう職場に勤めている男性は限られているだろう。

また、40代となり社内でそれなりの立ち位置にいる場合は、迂闊に社内の女性に手を出すこともできないかもしれない。

アラフォーが恋活アプリ、婚活アプリを使ってはいけない理由はない

男性でも女性でも、年齢を重ねるごとに新しい出会いを求めることに諦めを持ってしまいがちである。

しかし、恋は人間に活力を与えることは言うまでもない。

アメリカでは一、二度、離婚を経験してから40代で結婚するとほとんど別れないと言われているそうだ。

結婚経験がなかったとしてもアラフォーが恋愛してはいけない理由はないはずだ。

そして、それは出会いを探す方法にも言えるだろう。

恋活アプリ、婚活アプリはアラフォー世代でも十分に選択肢になり得るのである。

アラフォー40代男性にomiaiがオススメな理由

ある程度年齢と経験を重ねた男性であれば、恋愛をゲームのように楽しむというよりも、真剣に女性と向き合って話をしながら、相手の人柄を知っていくような恋愛もしたいだろう。

「ヤリ目(ヤリモク)」の男性が蔓延り、女性がそれを倦厭しているような出会い系サービスはできれば避けたいところだ。

また、どんなに収入があったとしても、無駄な支出や騙されて払わなければいけないようなサービスは使うべきでない。

メッセージを返す度に倍々ゲームのように費用がかさむような出会い系サービスは除外すべきだろう。

そういった意味で、月額課金制のomiaiは1つの選択肢となり得るのではないだろうか。

女性も同じように悩んでいる

まず始めにアラフォーの男性はこのような恋活アプリ・婚活アプリには自分と同じような年代の女性が登録していることはないのではないかと考えがちである。

結婚したいと思っている人は、大抵「婚期」と言われる二十代後半から三十代前半には結婚してしまうので、自分は残り物だろうなと決めつけてしまう。

果たしてそうだろうか。

統計的には女性の方が早婚である。

恋活アプリ、婚活アプリでも同様に女性の年齢層は男性よりも若かったりするものだが、かと言ってアラフォーの女性がいないわけではない。

女性も仕事に忙しかったり、一度は結婚してけれどもうまくいかずに離婚をして今に至る人もいるだろう。

そのような女性を始めからある程度絞り込むことができる。

そして、出会い系と聞くと、軽い女性が多いのかとイメージされがちだが、そんな出会い系サービスというのはもはや古い。

恋活アプリ、婚活アプリには良い意味で「普通の女性」が多いのでぜひ試してみてほしい。

40代男性向けomiai攻略のコツ

それでは、真面目に恋愛相手を探したいアラフォー男性がomiaiをうまく活用するためにはどうしたら良いだろうか。

何よりプロフィールの充実

まず一番女性にアピールできる場所は「プロフィール欄」だ。

第一印象はかなり重要で、最初の印象で「あ、この人は生理的にダメだ」となったら、対面での恋活・婚活でもその印象を覆すことは非常に困難である。

自分の価値観や趣味、お相手にどの様な内容を求めるのか、それらを丁寧に誠実さが伝わるような文章で書くことが重要だ。

メッセージも誠実さを心がける

メッセージのやりとりについても同様のことが言える。

これが対面だと声のトーンとか話題の振り方とか、色々と話術で勝負することも出来るのが、恋活・婚活アプリでは文字が全てである。

そこから実際に会うことができなければ全く意味の無いものになってしまうので、
丁寧に誠実な文章を作ってコミュニケーションを取るように心掛けるといいだろう。

ただ、人間通しのやりとりなので、くそ丁寧でも面白みが無くなってしまうところ。
所々ユーモアを交えてコミュニケーションを取ることができればベターだ。

まとめ

インターネットを使った恋活・婚活アプリと言えば、「ヤリ目」「美人局」としか考えられない人もいるかもしれないが、利用者が増えるに従ってそういった人や犯罪に利用する人が、割合確率で低下しているのも事実だ。

これからこういったアプリを使う方へのアドバイスとしては、
「ちゃんとプロフィール欄を読んで、ちゃんとメッセージをやりとりして、ちゃんと文字から人を見抜けるように努力すれば、痛い目を見ることも無い」と言ったところだろうか。

遊び目的や犯罪目的の人は、結局はその辺でボロが出てくる。

疑いだしたらキリが無いので、その辺のさじ加減は個々の力量に任せるしか無いが、
正しく使えば本当に良い異性との出会いをマッチングしてくれるツールとなる。

自分の目的がなんなのか、それを一度整理してみて、その上で恋活・婚活アプリを通して交際をスタートしてみるのも、今の時代としては悪くはない。

あなたに合った婚活アプリは?

関連記事

これで安心!ユーブライドにサクラはいるのか徹底検証してみた

童貞大学四年生が恋活・婚活アプリMatchbookを使って成功

30代婚活世代男子の恋活アプリwith活用術

不安で恋愛できない男子の恋活・婚活アプリwithの始め方

【2017年最新版】婚活アプリwith(ウィズ)の最終ログインの仕組みと攻略法を...

【2017年最新版】婚活アプリPairs(ペアーズ)の評判を徹底分析